当院で行ったインプラント治療の症例

前歯1本だけ失ったケース

前歯1本だけ失った症例

歯を1本失っただけでも、ブリッジにする場合は両サイドの歯を削って支えにしなければなりませんが、インプラントにすることにより、他の歯に負担をかけず、また審美性にも優れた被せ物を作ることが出来ます。

治療内容 歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋めいれ、その上にクラウンを被せて歯を回復する治療方法。
治療費 歯一本あたり¥285,000~¥335,000(税別)
治療期間 3~6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントの主なリスク・副作用はこちら

数本の奥歯を失ったケース

数本の奥歯を失った症例

奥歯を失うと噛む事が困難になり、また数本失っただけでも大きな入れ歯を装着しなければならないこともあります。 インプラントにすることにより、入れ歯の煩わしさから解放され、また自分の歯と同じくらいか、それ以上の咬合力でしっかりと噛む事が出来るようになります。

治療内容 歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋めいれ、その上にクラウンを被せて歯を回復する治療方法。
治療費 歯一本あたり¥285,000~¥335,000(税別)
治療期間 3~6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントの主なリスク・副作用はこちら

ほとんどの歯、またはすべての歯を失ったケース

ほとんどの歯、またはすべての歯を失った症例

歯を全て失った場合でも、骨の状態にもよりますが4~5本のインプラントを埋入し上部の人工歯を連結固定することで、総入れ歯を入れる必要が無くなります。

また、入れ歯にマグネットやアタッチメントを装着して入れ歯の安定を図ることのできる取り外し式のものもあります。それぞれのケースにより治療法は変わってきますが、検査の結果を考慮しご相談しながら治療を進めてまいります。

治療内容 歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋めいれ、その上にクラウンを被せて歯を回復する治療方法。
治療費 歯一本あたり¥285,000~¥335,000(税別)
治療期間 3~6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントの主なリスク・副作用はこちら

上顎の埋入部に骨が足りないケース

上顎の埋入部に骨が足りない症例

上顎臼歯部の歯を失うと上顎洞と言われる空洞が拡大しそれに伴って歯槽骨が吸収しインプラント埋入部の骨の量が不足することが多くあります。

埋入時に上顎洞底をリフトアップさせて少ない骨の所にインプラントを埋入したケースです。少ない骨量でも、しっかりとインプラントと結合することで良好な経過が得られます。

治療内容 歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋めいれ、その上にクラウンを被せて歯を回復する治療方法。
治療費 歯一本あたり¥285,000~¥335,000(税別)
治療期間 3~6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントの主なリスク・副作用はこちら

歯周病の患者さんにインプラント治療を行ったケース

歯周病のインプラント症例

歯周病で広範囲に歯を失ってしまう患者さんがインプラント治療を望まれるケースも少なくありませんが、そのような方には、まず何よりも歯周病の治療、口腔内の感染の除去が第一です。

そうして健康な歯周組織を回復した上でインプラント治療を行っていくことがその後の安定した長期的予後を得るためには大切なことです。もちろん、治療終了後も定期メンテナンスにより歯周病の定期管理をしっかりとし、インプラント周囲炎を予防することも重要です。

治療内容 歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋めいれ、その上にクラウンを被せて歯を回復する治療方法。
治療費 歯一本あたり¥285,000~¥335,000(税別)
治療期間 3~6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントの主なリスク・副作用はこちら

インプラントの主なリスクや副作用

(医療広告規制に関する表記)

  • インプラントは外科手術が必要になります。
  • 入れ歯/ブリッジ治療とは違い、インプラント治療は自費診療(保険適用外)となります。
  • 歯周病のある方、心疾患、骨粗鬆症等、内科的な疾患のある方は、インプラント治療が適さないケースもあります。また普段服薬しているお薬等も治療に影響する事があります。
  • 骨の成長途中になるお子様(およそ18歳未満の方)、妊婦の方はインプラントが受けられません。
  • インプラント手術の際に下顎神経に触れた、もしくは近かったなどで下歯槽神経を損傷したり、圧迫することで知覚異常や鈍麻を起こすリスクがあります。この場合、内服薬や経過観察、神経科などへの対診で対応します。
  • 上顎にインプラントを埋入する際に、上顎洞膜を破る可能性があります。その場合、他に埋めることが可能な場所を検討します。手術後に抗生剤を服用する事で感染予防をし、膜が自然にふさがるまで治癒を待ちます。
  • 舌下動脈、下歯槽動脈、上歯槽動脈など、血管損傷による出血のリスクがあります(インプラントのドリリングによる血管損傷の可能性は限りなく低いです)。もし損傷した場合、圧迫処置することで止血を行うことができます。
  • 免疫力や抵抗力が低下している方、歯周病の発生リスクの高いとされる糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方や、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、インプラント治療がすぐにできない事があります
  • インプラント術後は違和感、痛み、腫れ、出血などが発生する場合があります。一時的なもので、多くの場合2~3日で治まります。
  • 3~6ケ月程度の治癒期間が必用なため治療期間が長くかかる場合があります。骨造成手術を行う場合はさらに期間を要します。
  • 口腔内の衛生状態が悪い方、歯ぎしり、くいしばりの強い方はインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)を引き起こす可能性があります。日ごろから丁寧なメインテナンスが必要となり、咬合調整やナイトガード(マウスピース)の装着も必要になる場合があります。
  • お身体の状態や細菌感染により、術後インプラントが骨と結合しない場合があります。この場合、原因を取り除いてご希望により再治療を行います。

なかい歯科クリニックでは、上記のようなリスクや副作用が起こらないよう、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。

お問い合わせ・ご予約

なかい歯科クリニック

0280-87-8825

[ 診療受付時間 ] 09:00-12:30 / 14:30-18:00
[ 休 診 日 ] 木曜、日曜、祝祭日

診療時間

〒306-0434 茨城県猿島郡境町上小橋564-5

駐車場 30台 完備

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)
境古河インターチェンジ」より車で2分

JR宇都宮線「古河駅」「栗橋駅」より車で20分
東武伊勢崎線「東武動物公園駅」より車で20分

  • スタッフ紹介
  • スタッフ募集
  • こどもの森デンタルケア
  • エピオスECOシステム
  • 歯医者がおすすめする歯科医院
  • レーザーPOIC治療
  • 歯科用3D-CT
  • セレック-CEREC
  • インプラント